お知らせ

インフルエンザ予防接種予約開始

10月1日(火曜日)からインフルエンザ予防接種の予約を開始します。

10月15日(火曜日)から接種を開始します。

接種回数は

生後6か月から12歳は、2回

13歳以上は、1回

です。

1回 3000円 です。

数に限りがありますので、ご予約はお早めに。

2013.10.01

RSウイルスがでてきました

夏休みも終わり、最近急に涼しくなってきました。

新学期いかがおすごしでしょうか?

 

さて、毎年インフルエンザが流行する時期の前後で「RSウイルス」という感染症が流行ることがあります。

RSウイルスが、ほかのウイルスと違う点は、せき、喘鳴(ぜんめい、ぜーぜー、ひゅーひゅーいう呼吸)がひどくなることです。

1歳以上の子どもがかかっても、少しせきが多いくらいですが、ちいさい子(とくに生後6か月未満)がかかると、ひどくなって入院が必要になることもあります。

せきの他に、熱や鼻水が出ることもあります。

特効薬はいまのところありませんので、せきの飲み薬や吸入をくりかえして治療します。

 

RSウイルスが疑われる特に生後6か月未満のお子様には検査が必要になることもあります。

また、保育園によっては出席停止になるところもあります。

 

ご心配な時は受診してくださいね。

2013.09.03

お盆も休まず診療します

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

タイトル通りですが、お盆は休まずに通常どおり診察します。

2013.08.05

手足口病 ヘルパンギーナ多いです。

暑くなってくると、夏カゼウイルスがはやりだします。

 

最近は、「手足口病」 「ヘルパンギーナ」が多いです。

 

両方とも、「かぜ」の一種なので、重症化しなければ大きな心配はいりません。

保育園、幼稚園のお休みが必要になることがあるので

もしかしたら?と思った時には、受診してくださいね。

2013.06.27

最近の感染症情報

たいへんむし暑い日がつづきます。

外あそびのときは、こまめに水分をとるようにこころがけましょうね。

 

さて、最近クリニック周辺の保育園、幼稚園では、手足口病がはやっています。

 

「手足口病」は、カゼ症状とともに手、足、顔にぶつぶつがでるウイルス感染症です。

症状のでかたは個人差があるため、ふつうのカゼと区別がつかずに気付かない場合もあります。

ずいまく炎や肺炎など重症化しなければ、大きな心配はいりません。

ふつうのカゼと同様に、解熱し、全身状態が改善するまでは保育園、幼稚園はお休みが望ましいです。

治療は、咳、はなみず、しっしんなどに対する「対症療法」です。

 

お子様が、「手足口病」かも?と思われた時は、病院にかかってくださいね。

2013.06.18